ヒロインを演じたアディソン・ティムリン

アディソン・ティムリン

オッド・トーマスを演じたアントン・イェルチンの恋人を演じたのはアディソン・ティムリンです。ストーミー役としてポーター警察署長と同じく、オッド・トーマスの最大の理解者です。アディソン・テシムリンのとてもキュートでかわいい姿も印象的ですが、日本ではまだあまり知名度が高いとはいえませんが、海外テレビドラマですでに人気を集めている若手女優さんです。

注目集める若手女優

あまりのキュートな姿から、アメリカで新世代のパワーポップバンドとしてとっても大人気グループの「We The Kings」のミュージックビデオにも出演しています。そしてこのグループの代表曲ともいえる楽曲"Check Yes Juliet"のミュージックビデオのJuliet役として登場していることから、アディソン・ティムリンの知名度の高さが伺えますね。

かわいくて愛らしいだけではなくて、まだとっても若いの女優魂もしっかりしています。テレビドラマの「カリフォルニケーション」では準レギュラーとして出演していましたが、そこでなんとディヴィッド・ドゥカヴニーを相手に初ヌードを披露しました。可愛い顔立ちにキレイなバストで体当たり演技も高く評価されただけではなくて、若くして女優魂をみせつけたことでも話題になりました。

2104年度ベストセラー小説リスト

キャリア

めちゃくちゃ若い1991年6月29日生まれのアディソン・ティムリンは、ペンシルベニア州フィラデルフィアで誕生しました。スクリーンデビューを果たしたのは、2005年映画の『すべてはその朝始まった』で、14歳の糖尿病を抱えているエイミー少女を演じています。この時に両親役はクライヴ・オーウェンとメリッサ・ジョージです。

この映画で恋人役として共演したアントン・イェルチンも、彼女の才能をとても評価していて「彼女は本当にすばらしい。一緒に働くのがとても楽しかった。」とコメントしています。

海外ドラマではCBSの短命テレビドラマの『3 lbs』で、スタンリー・トゥッチが演じた主人公の娘のシャーロット・ハンソン役として配役されました。このテレビドラマは計8話でしたが、その中で3話で登場しています。 他にもサンダンス映画祭やカンヌ映画祭で上映された短編映画の『Man』でも、アディソン・ティムリンの演技を見ることができます。

その他には、2008年にABCテレビの『カシミアマフィア』シリーズで、ミランダ・オットーが演じたジュリエット・ドレイパー役の問題を抱えた10代の娘のエミリー・ドレイパーを演じています。ますます活躍の機会が増えて、若くてもやるときはやるのよっとばかりに大きな話題になった2011年のテレビドラマシリーズ『カリフォルニケーション』シーズン4の中女優サーシャ・ビンガム役を演じました。

そしてテレビドラマから、本格的な映画でヒロイン役を射止めたのがこの作品映画『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』です。監督もハンナプトラという人気作品を手がけた監督なので、アディソン・ティムリンにとっては大きな飛躍となった役といえるでしょう。

これからますます目に付く機会が多いと思える女優さんですが、2013年にアクションコメディ映画『Stand Up Guys』では、ハリウッドの名優達との共演があります。共演する俳優は、アル・パチーノにクリストファー・ウォーケンたちです。

これからアィソン・ティムリンがタブロイド誌の紙面をにぎわしてくるのも間もなくですね!

ライター養成学校