オッド・トーマスを演じた若手俳優

オッド・トーマスを演じた若手俳優

霊が見えるという特殊な能力を持つオッド・トーマスを演じたのは、今大注目で人気急上昇している若手俳優おまけにイケメンのアントン・イェルチンです。アーノルド・シュワルツネッガーの出世作にもなった大ヒットシリーズ『ターミネーター』がありますが、2009年に公開された『ターミネーター4』でカイル・リース役を演じたのも、オッドを演じたアントン・イェルチンです。

注目の若手俳優アントン・イェルチン

ソビエト連邦時代のレニングラードで、現在ロシアのサンクトベテルブルクに1989年3月11日に誕生したアントン・イェルチンですが、フィギュアスケーターとして国民的名人気があったフィギュアスケーターの両親から誕生しました。とても人気が高いフィギュアスケーターでペアを組んでいた両親ですが、ユダヤ人だということが理由に札幌オリンピックへの出場することが叶わなかったといわれています。

そしてアントン・イェルチンが誕生して約半年後の9月に、両親も含めてファミリーで難民としてアメリカへ移住しました。

2104年度ベストセラー小説リスト

子役から大きく羽ばたく

まだ4歳という時に、アントン・イェルチンは演じるということに強い興味を示していて、9歳の時に演技の活動を開始しています。そして演技を学んだのは、ロサンゼルスのマグネット・スクールという校区に左右されることがなく、演技を学ぶことができるからです。

そしてアントン・イェルチンの名前を広くしられることになったきっかけは、初めて映画に出演したのは子役としてまだ少年と呼ぶにも幼い年齢の4歳でアンソニー・ホプキンス主演映画2001年公開映画の『アトランティスのこころ』です。この演技で早くもヤング・アーティスト賞主演男優賞を受賞しました。これを機会に瞬く間にキャリアがどんどんつながっていきます。

『アトランティスのこころ』に出演した次には、ロバート・デニーロ主演のサスペンスアクション映画『15ミニッツ』にも少年として出演したほか、アレックス・クロス博士シリーズでモーガン・フリーマンが主演の映画『スパイダー』でも、ディミトリ役で出演とデビューして瞬く間に話題作への出演が続きました。

ところが、それからはなかなか役をつかめなかったようで、テレビドラマへゲスト出演したり、ハリウッド大作とはいえない映画への出演が続きました。大きなチャンスがアントン・イェルチンに訪れたのは、2009年のリメイク版で大ヒットした映画のJJエイブラムス監督の『スター・トレック』でパヴェル・チェコフ役を獲得したことです。この間違いなく大ヒットするであろう、そして実際に大ヒットした映画の『スター・トレック』で主要なキャストの配役を獲得したことで、アントン・イェルチンのスターへの道は約束されたようなものです。

日本の映画にも出演しています。最初のタイトルは『誰かが私にキスをした』から『ナクシタキオク』というタイトルが変更になり、主演はW主演で堀北真希と松山ケンイチと共演をしています。この映画ではAce Zuckermanという役を演じています。これからも国を問わずに国際的に色々な役に挑戦していきたい。と述べているので、ふたたび日本映画に登場するかもしれません。

『ターミネーター4』に出演した時点で、まだ20歳。子役時代からのキャリアもすごいものがありますが、演技があればこそのキャスティングなので見た目のルックスが良いことはもちろんですが、演技派としてもこれから注目すべき俳優のひとりだということは間違いないでしょう~

演技はもちろんですが、とても整った顔立ちから「最も美しい人100人」というピープル誌が選ぶランキングにも、ランクインしているのでこれからますます色々な映画に出演ケースが増えてくると同時に、おそらくパパラッチから追いかけられる生活が始まっているのではないでしょうか。

ライター養成学校

見た目が変われば印象も変わる!外見の古さで引かれてしまうようなマンションに対して、外壁塗装等の外装リフォームはいかがですか?京都市 リフォームのことなら長栄リフォーム事業部までぜひご相談ください。